« アメリカの謎(2) 健康 | トップページ | アメリカの謎(4) 怖~い »

2007年11月 7日 (水)

アメリカの謎(3)コンサート

カーネギーホールやリンカーンセンターには世界中から大物アーティストがやってきます。カーネギーには今月ベルリンフィルの一行が登場するようでベルリン週間なるものが設定されています。しかし、私はニューヨークでクラシックコンサートに行った時にはあまりいい思い出がありません。なぜ? 

まず、私語が多いのです。それを制する「しっ」という声もかなり目立ちます。よく聞いていると、どうやら意見をささやいているのですが、CD聴いているときにコメントしてよ、と言いたくなります。次に、コンサート後はかなりバラバラに席を立って行きます。実は外で車を待たせているケースが多く、ゆっくりしていると車を探すのが大変なのです。勿論、終演してしまえば自由解散ではありますが。最低の礼儀みたいなものはないのしょうかね。そして、最後は(これは仕方ないのですが)後ろからよく蹴られます。要するに座席が狭いか、客が大きいか、ということなのですが、いい気分でいるときに後ろで足を組みかえられるとガツンときます。

しかし、良いこともあります。例えば当日ドタキャンになったチケットを半額で買取、当日券として販売していることがあります。従って、一人でぶらっと行くと意外と完売コンサートでもチケットが手に入ることがあります。また、企業のサポート活動は盛んです。私の知人もNYフィルの評議員をしています。大口寄付者はお金だけでなく色んな活動への参加を求められています。日本も徐々にそうした動きがあるようですが、団員に心配かけることなく運営ができることを祈っています。

|

« アメリカの謎(2) 健康 | トップページ | アメリカの謎(4) 怖~い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの謎(3)コンサート:

« アメリカの謎(2) 健康 | トップページ | アメリカの謎(4) 怖~い »