« アメリカの謎(4) 怖~い | トップページ | 曲順 »

2007年11月13日 (火)

指揮者

最近、日経新聞に指揮者(故人)の記事が出ています。トスカニーニ、フルトヴェングラー、カラヤンそしてバーンスタインと・・・。中学生時代は指揮者に憧れ、音大の指揮科に進むにはどうしたら良いのか「音楽大学受験案内」なるものを立ち読みしてました。さて、依然ベートーヴェンの運命の演奏時間を指揮者別に並べたことがありました。正確には覚えていませんが、とにかく速かったのがトスカニーニでして、平気で5分くらい平均と違うのです。最も長かったのは作曲の解釈から繰り返し箇所を「発見?」した、ブーレーズでした。元々の楽譜にない繰り返しをしているわけですから長くて当然です。

個性と独自の解釈が大勢の音楽家と奏でる管弦楽。国籍の異なる組み合わせは特に興味津々です。バーンスタインも晩年は欧州に力を入れていました。アメリカ人からするとかなりのチャレンジだと思いますが、見事に成功を収めたということでした。

指揮をする夢はまだまだ捨てるつもりはありません。

|

« アメリカの謎(4) 怖~い | トップページ | 曲順 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

夢は、みるものではなく、かなえるものなんだって♪
うちの娘は、中学1年生のときに結成したバンド、おばあちゃんになってもやるんだ!といって10年。とうとうデビューして、3枚目のCDが、初のミニアルバムになり21日発売記念ライブです。ギルディに、きてね。

投稿: 藍弥生 | 2007年11月16日 (金) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指揮者:

« アメリカの謎(4) 怖~い | トップページ | 曲順 »