« 正月と音楽 | トップページ | 不協和音 »

2008年1月 9日 (水)

Paul Winter

「みっち」さんより、Paul Winterは胎教に良いかもというコメントを頂戴しました。PWはLiving Musicというレーベルに所属していて、というかそのレーベルを立ち上げて、今で言うNew Ageのミュージシャンを多く世の中に出しました。自然の息吹を、アコースティックのサウンドで表現している彼らの曲を聴きながら時間も忘れて手紙を書いたりした日々を思い出しました。キャンパスには鹿がよく出てきて遊んでいました。学生は鹿に関心もなく、ある意味よく調和が取れていたように思いました。

Paul Winterは今でもNYの教会などでコンサートをやっているようです。

http://www.livingmusic.com/biographies/pwinter.html

それではお休みなさい。

|

« 正月と音楽 | トップページ | 不協和音 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

義母のお誕生日プレゼントに、Dflatさんのコンサートの券にたら・・・お友達と六本木にいけるって、大喜び。すごい売れ行きって、Mさんから聞きました。なんだか、自分のことみたいに、うれしいです♪

投稿: 藍弥生 | 2008年1月12日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Paul Winter:

« 正月と音楽 | トップページ | 不協和音 »