« 一周年、感謝感謝 | トップページ | 2月16日コンサート売り切れ »

2008年1月18日 (金)

阪神大震災 - 災害と音楽と

一周年のお祝いのお言葉ありがとうございます。この日は阪神大震災の日でもあります。その時、私はロンドンにいました。大きな仕事を翌日に控えて12時までオフィスにいたのですが、CNNから流れてくる映像に何もできない自分がもどかしく感じました。どこか違う国を見ているような気にさえなりましたが、紛れもなく多くの友人がいる神戸だったのです。

音楽で空腹を満たすことはできません。しかし、あの災害の後、多くの音楽家が立ち上がり支援活動をしてきたことは今も語り継がれています。朝比奈隆さんも先頭に立たれてお一人だと聞いています。

以前、ベトナム交響楽団を再建した日本人指揮者とイギリス人バイオリニストの話をTVで見たことがあります。夕陽を背にバッハを奏でるバイオリニストの周囲に、人々が集まってくる様は、何とも言えぬ美しいものがありました。

本日より音楽家2年目の開始です。音の作る世界に敬意を表しつつ、前進して行きたいと思います。

|

« 一周年、感謝感謝 | トップページ | 2月16日コンサート売り切れ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災 - 災害と音楽と:

« 一周年、感謝感謝 | トップページ | 2月16日コンサート売り切れ »