« お祝いのお手伝い | トップページ | 涼しい音楽とは? »

2008年8月 3日 (日)

大合唱

セミの合唱が音楽なのかというと、あれは会話だと思いますが、今年は発言の順番に狂いが生じています。通常はニーニーゼミ、アブラゼミ、ツクツクホーシ、ミンミンゼミ、そしてヒグラシというのが東京のパターンです。

しかし、順番というかヒグラシを除いてほぼ同時に啼いているのです。簡単にいえば順不同。タイミングを誤ったか、間に合わず慌てているか、もしくは人間が勝手に順番をつけているか、ということでしょうか。

この合唱ですが、彼らはお互いの音を当然識別しているはずです、ハーモニーとしての立場を尊重しているかは別ですが、よく聴いていると、なるべくダブラないように啼いていることに気付きます。大自然の秩序を守っているのでしょうか。

|

« お祝いのお手伝い | トップページ | 涼しい音楽とは? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大合唱:

« お祝いのお手伝い | トップページ | 涼しい音楽とは? »