« 涼しい音楽とは? | トップページ | オリンピックと音楽 »

2008年8月12日 (火)

セミ最終段階へ

暑い暑い、特にセミが啼くとそれを感じます。しかし、彼らは実は日陰で啼いているのです。当然ではあるのですが、日向は、子供たちのみならず鳥に見つかります。アブラゼミは保護色ですし、ミンミンゼミのように透明な翅を持つと、体が保護色をしているので見えません。

さて、8月も旧盆を過ぎますと、ヒグラシが啼き始め、いよいよセミも最終段階を迎えます。ここからが大変で、かなり飛び回るのですが、結構激しく色々なものにぶつかって地上に落下します。しかし、今はアスファルトなので翅をばたつかせたら傷がつき、飛べなくなります。もし、裏返しになっているセミがいたらそっと人差し指を足に近づけてください。もしかするともう一度頑張れるかも・・・。

|

« 涼しい音楽とは? | トップページ | オリンピックと音楽 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「虫の声」。
セミの鳴き声が夏の風情を感じさせる?たしかに…
これから秋になると「虫の音」は情緒的に我々に響く。
オット…このような感性は日本人・中国人だけのもので、欧米人にとっては「騒音」なんだな、おかしなことに…
彼らには情緒性なんて無いんかしら…しかし、音楽の世界はそうでもないし…
「癒し」の音楽・音って古今東西どうなってるんだい?

投稿: | 2008年8月26日 (火) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セミ最終段階へ:

« 涼しい音楽とは? | トップページ | オリンピックと音楽 »