« 応援!! | トップページ | 合掌 »

2009年4月11日 (土)

呼吸

音楽大学では呼吸法を習うそうですが、ジュリアードでは徹底的に教えるそうです。100メートル走では息を止めるのでしょうか?とにかく、音楽では長い間演奏しているのでこの呼吸法が重要だそうです。思い出してみれば、さすがにリズムに合わなかったりした時は呼吸も乱れていたような気がします。が、ジャズピアニストのミシェル・カミロに言わせると、音楽に操られない呼吸法を習得することが重要だそうです。

なるほど~。仕事でも、生活でも同じですね。呼吸が乱れると、真剣勝負では負けでしょう。呼吸を一定に保ちながらも、最も効率的に酸素を取り込み、エネルギーを補充する。理屈ではわかっているのですが、できませんよね。自分にあった呼吸法の勉強は大事なようです。今まで長い間、あまり気にしませんでしたが、今一度ピアノを弾きながら考えてみようと思います。

お医者さんが肺をまずチェックするのは、呼吸に潜む色んな情報だそうです。

|

« 応援!! | トップページ | 合掌 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

篠笛を習い始めて、腹式呼吸の大切さを痛感しています。
肺が丈夫になったのでしょうか、駅の階段を一気に上れるように
なったのには感激です。音楽=体力なのですね。

投稿: 撫子 | 2009年4月14日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸:

« 応援!! | トップページ | 合掌 »