« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 限りある命だからこそ »

2009年5月 5日 (火)

古い譜面

実家に帰り、積まれた段ボールを開け、古い本などを片付けていると、ある段ボールからいろんな譜面が出てきました。チックコリアのスペイン、歌謡曲、ジャズのスタンダード・・・。そして、中学時代に作曲したスコアがありました。鉛筆で書かれているので少し薄くなっていましたが、ちょっと弾いてみると、メロディラインが意外と今と似ているのです。和声はもちろんシンプルですが、展開が似ていたりしました。一体、いつこの曲を書いたのだろうかと思ったりします。そして、先月シリーズで書いた時に触れた、子供音楽コンクールの譜面もありました。緑色の書類入れに大切に眠っています。いつかまた弾いてくれよ、と囁かれたような気がしました。

余談ですが、その譜面と一緒に眠っていた古本は、人間嫌い(モリエール)、若きウェルテルの悩み(ゲーテ)のほか、ジョン・ロック、アリストテレス、モーパッサン、モラヴィアなどこんなの読んでいたのか?と思うような本が多く、書き込みも薄くなっていましたが、中学・高校時代を懐かしく思いました。

勉強しないといけませんね。

|

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 限りある命だからこそ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

次郎物語が好きだったなあ。若草物語も。あとは、檸檬、梶井基次郎さん。

投稿: ひろりん | 2009年5月 6日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い譜面:

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 限りある命だからこそ »