« 海外音楽エピソード(6) ハンガリー | トップページ | 海外音楽エピソード(7)クインシー・ジョーンズ »

2009年6月27日 (土)

追悼:マイケル・ジャクソン

昨日、ご存知のようにマイケル・ジャクソンが亡くなりました。やはりショックです。「クラブ」と言わず、「ディスコ」と呼ばれた時代に彼の曲が流れなかった日はありませんでした。勤務先のテニス合宿ではスリラーの真似事をやり、We are the world をテーマソングにして大合唱したこともありました。

彼は何度か日本で公演をしているのですが、私も一度東京ドームの公演を観に行きました。沢山の子供をステージにあげ、「子供達のために、愛と平和の社会を・・・」と言っていたような記憶があります。もちろん、ムーンウォークも生で拝見しました。映画を見ているようでした。スリラーのビデオ制作に関わったアメリカの友人が、「誰にでも優しく、特に子供は親切にしてもらった。」と言っていました。

マイケルには、クインシー・ジョーンズ、ロッド・テンパートンといった万能プロデューサーが付いていました。ビデオに合わせた編曲や曲の構成は驚くべき(当然とも言えますが)完成度でした。すべてがファミリーのように動いていたような気がします。

しばらくは街のあちこちでマイケルの曲が流れているのでしょう。

合掌

|

« 海外音楽エピソード(6) ハンガリー | トップページ | 海外音楽エピソード(7)クインシー・ジョーンズ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

余りに早い彼の死はショックでした。
まだまだこれから年輪を重ねた歌を、聴きたかったです。

投稿: 撫子 | 2009年6月27日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼:マイケル・ジャクソン:

« 海外音楽エピソード(6) ハンガリー | トップページ | 海外音楽エピソード(7)クインシー・ジョーンズ »