« 14.7% でした!! | トップページ | 音楽の先生(1)シスター »

2011年6月 7日 (火)

ラスト・シーン

「遺品整理人」の音楽について色々とご感想を頂きありがとうございます。

ラストシーンの曲ですが、パートⅠでも鶴見辰吾さん演じる主人公(犯人)が号泣するシーンでも使われています。この曲は「壊れる前に」というタイトルがついています。シリーズ最初の打ち合わせで、弦とピアノを使った10分くらいの曲のご依頼を受けました。主人公がどんどん「壊れていく」姿から、最後に「壊れる前に」本来の自分に戻っていく、ということをイメージしています。

この曲では、壊れる前に、涙で過去の流れを振り返るという旋律が最初に登場し、ラストに一気に本来の自分に戻るまでのクライマックスが来ます。

ちょっと暗いタイトルですね・・・。

|

« 14.7% でした!! | トップページ | 音楽の先生(1)シスター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・シーン:

« 14.7% でした!! | トップページ | 音楽の先生(1)シスター »