« 冬をテーマに | トップページ | 雪の中で »

2012年2月22日 (水)

宇宙

誰でも一度は宇宙にあこがれ、宇宙人との遭遇をひそかに期待し、宇宙旅行に行けたら、と思ったことがあるのではないでしょうか? 望遠鏡の技術があっと言う間に進歩し、すばらしい映像がテレビで楽しめるようになりました。

NHKが今「コズミックフロント」という番組をやっていて毎回録画してみています。このわくわくするような気持ちは何なのでしょうね。 宇宙の音楽と言えばスターウォーズや宇宙戦艦ヤマトになるのですが、以前「かぐや」という月周回衛星が送ってきた映像に付けられた音楽は素晴らしいものがありました。

残念ながらYoutubeから消えましたが、純名里沙さんの「月の庭」はぴか一でした。土井裕子さんの「ふるさと」もよかったです。「ふるさと」のURLはここです。

http://www.youtube.com/watch?v=mxJjNW_8QMg

冬は寒いですが、宇宙を見る絶好の季節でもあります。ちょっと我慢して星を見に行きます。そして、宇宙人がどんな音楽を聴いているのか、想像してみます。

|

« 冬をテーマに | トップページ | 雪の中で »

音楽」カテゴリの記事

コメント

小学生の頃に、2年ほど香川県の高松に住んでいたことがありました。
確か、5年生の夏休みだったと記憶しているのですが、星を見る会という催しがあり五色台にある天文台へ天体観測へ出かけたのです。
見上げた空には星が一面に輝き、この時初めて『星空ってこんなにも明るいものだったのか!』と思い知りました。
見上げていた星空に眼が慣れてくると、さらにその後ろに隠れていた星々までもが姿を現し、荘厳なきらめきに彩られたその夜空は正に宝石箱をひっくり返したかのような見事さでした。
それに較べ東京で見る夜空は、余りにも暗く悲しい有様です。
それでも冬のこの時期、見上げた空にオリオン座などを見つけた時には何かしらホッとした気分になれますね。

八ヶ岳にでも、星を見に出かけたくなりました。

投稿: LONE-WOLF | 2012年3月 5日 (月) 02時20分

憧れの宇宙。
ISS(国際宇宙ステーション)情報が友人から送られて来るたびに、ワクワクしながら夜空を眺めています。
ISSが上空に現れ、消えて行くまでの僅かな時間、気持ちだけは宇宙に飛んでいます♪

投稿: 撫子 | 2012年3月 1日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙:

« 冬をテーマに | トップページ | 雪の中で »