« ワルツ | トップページ | 3連休 »

2013年10月27日 (日)

数える

ピアニストのグレン・グールドがエンジニア泣かせであったことは有名です。彼は歌いながらピアノを弾くので「雑音」が入ってしまうからです。今では、逆に彼の声が重要だったりするのですが・・・。

グールドが声でリズムを取っていたかどうかは計りかねますが口の動きが重要であったことは数々のビデオを見ると想像できます。

足で取る人、首を振る人など体の一部でリズムを打つアーティストは多いです。頭でクリック(メトロノーム)を打てと言われてもなかなか難しいです。もちろん演奏中は一応鳴らしているつもりですが。

表現力+リズム感=演奏 となるわけですが、リズム感は本当に小さい時からの訓練ではないかと思います。となると、いまやダンスが体育のカリキュラムに入っている日本の小学生の将来は期待できますね。

|

« ワルツ | トップページ | 3連休 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数える:

« ワルツ | トップページ | 3連休 »